障がい者就労移行支援のカレント

製本作業について/カレントの作業トレーニング

製本作業について/カレントの作業トレーニング

こんにちは!本日のブログ担当は、カレントに通っている利用者K.Fです。よろしくお願いします!

 

今日は契約書の「製本作業」を行っているメンバーがいたのでご紹介します。

 

この製本作業は、便利な製本テープを使用せず、「紙を採寸・カットして貼る」という旧式な作成方法です。

旧式な方法を行っている理由は、「指示の正しい理解ができるか」「丁寧さや正確性を意識できるか」「効率や工夫ができるか」といった職業アセスメントを目的にしているからです。

 

カレントの契約書に背表紙をつけているようですね。皆集中して作業していますね。

 

本日作業を行っていていたメンバーに、この作業で大変だった部分を聞いてみました。

「契約書の文字が背表紙で隠れないようにするのが大変。」

「背表紙にシワがつかないように気をつかった。」

「契約書がズレないようにするのが難しかった。」

…との感想でした。

意外と簡単そうに見えて、実はとても神経を使うみたいですね。

 

作業の手順は、前に経験のあるメンバーが一人いたので、その方が説明していました。

カレントでは、耳から受ける「指示の理解」が苦手な方が多いですが、今日はメモをしっかり取って聞いていました。

自分で分かりやすいように作業手順をまとめて、マニュアルを作っている方もいたので、見せていただきました。

 

ご覧の通り、とても分かりやすくまとまっていました。

私はまだこの作業をやっていませんが、視覚優位の私にとっては、これを見ただけで理解できそうだと思い、感心しました。

 

カレントの今月の目標は「メモを取る、見返す」なので、《指示を理解し→メモに取って→見返す》という、一連の流れを身に付けられるよう努力しています。

そして、このスキルを実際の就労で役立てたいと思いました。

 

本日も閲覧いただき、ありがとうました!!

お問い合わせ

お気軽にご相談ください。
無料でパンフレットをお送りします。
無料個別相談、見学の申し込みはこちらから。
03-6273-0920
受付時間:平日10:00~18:00
>見学のお申込み>資 料 請 求