障がい者就労移行支援のカレント

自己分析について

自己分析について

こんにちは!本日のブログを担当させていただくのは、カレントに通っている利用者のF.Kです。

よろしくお願いします!

 

本日は今回行った自己分析のワークについて話をさせて頂きます。

先日行った他己分析(他人が自分の性格や長所・短所などを客観的に分析すること)で、それぞれのメンバーが自分に対して分析したコメントをまとめたシートが配布されました。

良かった事や改善した方が良い所など、自分では気づいていない事も書かれていて、色々な発見がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、この「他己分析シート」を参考に自己分析を行いました。

普段、自分が他者からどんな印象を与えているのか等、詳しく書かれていたので、客観的な視点で自己分析が進みました。

本来、自分の事を知るというのは相手の事を知るよりも難しいことです。

それは普段、自分の事は主観的にしか見ていない為だと私は考えます。

そこで、他の人からの客観的な見方を受け入れることで、自分の性格や長所、短所などが分析しやすくなります。

 

 

就職活動では、自己分析が必須です。

なぜなら企業側は面接に来た人がどんな人かを知りたいからです。

特に私達のように発達障害や精神障害を持っている人は、どんな特性があり何が苦手で何が得意か、どんな配慮をしたらよいか、と企業の方に関心を持たれます。

それを具体的にわかりやすく伝える事が出来れば、企業の方も安心して一緒に働くことができると思います。

 

今回のワークにとどまらず、じっくり時間をかけてでも自分と向き合い、自己理解を深めつつ整理しておくことで、就職に役立つと思います。

カレントからこれからも、もっと就職者が出て欲しいと皆で願っています。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

お問い合わせ

お気軽にご相談ください。
無料でパンフレットをお送りします。
無料個別相談、見学の申し込みはこちらから。
03-6273-0920
受付時間:平日10:00~18:00
>見学のお申込み>資 料 請 求