障がい者就労移行支援のカレント

製本作業の引継ぎ~伝えることの難しさ~

製本作業の引継ぎ~伝えることの難しさ~

こんにちは!

本日のブログ担当のY.Sです。

 

突然ですが、このブログを読んでくださっている皆さまは、製本作業をご存知でしょうか?

ご存じない方でも、事務用品売り場で製本テープを見かけることもあるかと思います。

本にしたい紙の束を留められる便利なテープですね!

ですが、この製本テープ、幅が広すぎたりするため、扱いづらい...

ということで、カレントでは、コピー用紙を本にしたい書類の幅に合わせて切って、糊付けすることになっています。

今回は皆さまにその方法をご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、必要な道具を揃えます。

どんな作業を行うときにも、『段取り』が重要ですね!

大切な書類を扱いますので、作業を始める前には、手を念入りに洗うことも忘れてはいけません!

A4サイズの書類を綴じたいので、同じくA4サイズの白紙のコピー用紙を切っていきます。

今日は、書類の綴じ代の余白に合わせて、1センチ幅にしました。

表面1センチ、裏面1センチ、書類を留めるホチキスを隠すための折り返し+余白で、2.5センチの所に印をつけ、4.5センチ幅にカットし、折り目をつけて、書類を挟むのですが。

ここがポイント!

書類に触れる面(挟み込む面)に糊をぬっておきます。そして、ズレたり撚れたりしない様そっと合わせて貼り付けます。

ここまで出来たら、後は簡単!ホチキスで均等に、しっかりと留めて、残りの紙を折り返して糊付けして出来上がりです!

手先の器用さも必要とされますが、何よりも、丁寧に、慎重に、取り組むことが大切です。

皆さまに作業の雰囲気が伝わりましたでしょうか?

本日、私はこの製本作業をしながら、手順書を作りました。

苦手な並行作業でしたが、何より、人に分かりやすく伝えることが難しいと、つくづく感じました。

お問い合わせ

お気軽にご相談ください。
無料でパンフレットをお送りします。
無料個別相談、見学の申し込みはこちらから。
03-6273-0920
受付時間:平日10:00~18:00
>見学のお申込み>資 料 請 求