障がい者就労移行支援のカレント

よくある質問

カレントよくある100個のQ&A

100個のQ&Aについて

001 就労移行支援事業所ってなんですか?
一般就労等への移行に向けて、事業所内や企業における作業実習、適性に合った職場探し、就労後の職場定着のための支援を行う場所です。カレントは、発達障がい者の方の一般就労へ向けた事業所です。
002 就労移行支援と就労継続支援A型との違いはなんですか?
就労移行支援は「通勤」も含め「一般就労で必要な知識・技術・マナー」などを訓練修得し、個々人の「能力向上と一般就労」を目指す「訓練」を行うところです。就労継続支援A型は雇用契約を締結し、労働者(ご利用者様)の労働条件を保障し、就労の場を提供するところです。ご利用に期限はありません。
003 就労移行支援事業所ってどのような支援をしてもらえますか?
就労移行支援事業所ではご本人とひとり一人に対して個別支援計画を作成し、それに基づいた訓練を行っていきます。必要に応じて、身近な相談窓口との連携として居住地域のケースワーカーや保健師、生活支援センター、相談支援事業所の担当者と就労前から本人との関係づくりも行っています。
004 カレントを利用する方はどのような理由で利用するのですか?
「なぜ仕事がうまくいかないのかわからない」「どんな仕事がしたいのか見つけたい」「自分に合った仕事がなんなのかわからない」「離職期間が長くて就職するのが怖い」「コミュニケーションが苦手で働く上で不安がある」「何度受けても面接に受からない」などの不安を抱えている方です。
005 障がい者向け職業訓練との違いは何ですか?
カレントの就労移行支援に関しては、職業訓練と内容は似ておりますが、発達障がいの方向けの内容となっています。また、利用できる期間は、 職業訓練が2ヶ月間という期間に対して、最大2年間の期間でしっかり準備することができます。さらに職業訓練では訓練修了後のサポートがありませんが、カレントでは企業実習や就職後の定着支援を行います。
006 どのくらいの期間利用ができますか?
就労移行支援事業所の利用期間は、標準利用期間は最大で2年間となります。
お住まいの居住区に申請を行い、1年ごとに更新を行います。
007 6か月間の利用を経て就労し、就労先が合わず離職してしまった際に、再度利用可能ですか?
再利用のご利用の際も、訓練等給付の受給者証の再発行が必要となります。当事業所へご利用希望の際は、お問い合わせください。
008 2年間で就職できなかった場合はどうなるのですか?
就労移行支援事業所の利用期間は最長で2年間です。その後も継続的に就職活動のサポートを行い就職できるまで支援いたします。なお、2年間を超えて利用継続を希望の方については利用ができるかどうかは、その期間の間に就職できなかった場合の事情によって市区町村の担当者と話し合って決定することとなります。
009 一般的に就労移行支援所に通うメリットはなんですか?
・職業訓練で就労に必要な知識・能力を身につけることができる
・事業所に通うことで社会性を身につけることができる
・障害があることを明かして、適切な配慮を受けながら就職活動ができる
・ハローワークなどと連携して、自分のスキルや障害特性に合った職業を紹介してくれる
・事業所で真面目に取り組んでいた様子が企業に伝わりやすい
・就職後、職場への定着支援を実施してくれる
・仲間ができる
010 カレントで就労移行支援を受けるメリットはなんですか?
カレントを利用するメリットとしては、発達障がいの方ひとり一人の特性を見つけ、
ご自身でその特性を認識頂けるよう発達障がいの方にあったプログラムを用意しています。
さらに、カレント事業所の中の作りも発達障がいの方が過ごしやすいように作りを工夫しておりますので、安心して利用頂く事ができます。加えて、親会社が多くの取引先企業様を保有しており、様々なお仕事の実習や就職先を紹介することができます。
011 カレントで就労できるまでの流れを簡単に教えてください。
カレントでは就労して長期間働けるまでを5つのステップに段階を分けております。
ステップ1:さまざまな作業体験や検査を通じて、自分の特性の強みや苦手を専門スタッフと一緒に把握します
ステップ2:自分に向いている仕事を絞り込み、作業体験を重ねながら、ビジネスマナーやチームワークを学び実際の職場でうまくいく方法をみつけていきます。
ステップ3:自己理解・対人行動・感情コントロール講座を受けながら、強みを活かし、対応できることを目指します
ステップ4:専門スタッフと一緒にカレント独自のパーソナルシートを作成し、
安心して自分の力が発揮できる就職先や働き方を探します。
ステップ5:就職後も安心して長く働けるよう継続的に企業や関係機関と連携して定着支援を行います。
012 利用するにはどうすればいいですか?
一度、説明会か見学会にお越しください。
以下のいずれかの方法でお問い合わせください。
TEL:03-6273-0920へお電話またはこちらのフォームからもお問い合わせください。
013 利用にあたって契約書はありますか?
カレントではサービスの利用にあたって契約書を用意しております。契約書の内容を確認頂き、納得したうえで利用を開始することができます。
014 利用するうえでどういう決まりがあるのかを事前に知りたいのですか?
カレントでは見学会や体験会を経て利用を希望される方々に重要事項説明を行っております。重要事項説明書は書面でお渡しします。
015 事業所内でのきまりごとはありますか?
利用者のみなさん全員が過ごしやすいよう事業所内の利用規約を作成し貼り出ししております。
016 サービスの利用契約の時に必要なものはありますか?
障がい福祉サービス受給者証、印鑑が必要です。
017 医師の診断がなくてもカレントを利用できますか?
障がい者手帳をお持ちでない方でも、医師の診断や定期的な通院があれば、自治体の判断により利用可能な場合があります。実際に障がい者手帳がなくてもご利用している方はいますので、まずはこちらのフォームよりお問い合わせください。
018 現在学生ですがカレントを利用できますか?
18歳以上の方で在学中でも条件次第で利用できる可能性が御座います。
一度以下のいずれかの方法でお問い合わせください。
TEL:03-6273-0920 こちらのフォームからもお問い合わせできます。
019 仕事を休職中でまだ会社に籍がありますが、通えないですか?
原則として会社に籍がある方は利用できませんが、会社と市町村が認めた場合は利用が可能になる場合があります。詳しくはお住まいの市町村窓口にご相談ください。
020 どれくらい利用料はかかりますか?
福祉サービスなので、9割以上の方が無料で利用しています。(2016年5月現在)

 

区分 世帯の収入状況 負担上限月額
生活保護 生活保護受給世帯 0円
低所得 市町村民税非課税世帯(注1) 0円
一般1 市町村民税課税世帯(所得割16万円(注2)未満)
※入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム・ケアホーム利用者を除きます(注3)
9,300円
一般2 上記以外 37,200円

(注1)3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象となります。
(注2)収入が概ね600万円以下の世帯が対象になります。
(注3)入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用者は、市町村民税課税世帯の場合、「一般2」となります。

※その他条件によって減免あるので、各行政に確認してください。

021 利用者の定員は何名ですか?
利用定員は20名までです。
022 どれくらい通えば、就職できますか?
一人ひとりによってさまざまですが、早い方で1ヶ月から3ヶ月、遅い方で1年半から2年で就職しています。
023 どんな会社に就職できますか?
就職先は1000名以上の企業から50名未満の企業まで大小さまざまです。業種も職種もその方にあわせて就職先があります。
024 就職後のサポートはありますか?
就職後も安心して働き続けられるように、面談や企業訪問などをおこないながら、
業務改善や不安を解消し、職場で適切な関係を築けるようにサポートします。
025 感覚プロファイル検査はどういう検査をするのですか?
検査といっても60問ほどの質問にチェックを入れて頂くだけです。
参加される方は10分から15分間で完了しております。
026 感覚プロファイル検査でわかることはどういうことですか?
感覚プロファイル検査は五感の傾向を見る検査です。
過敏なのか鈍感なのかがわかりますので、日常生活でストレスとなっている刺激やそれに対して対処できているのかを知ることができます。
027 感覚プロファイル検査イベントは突然の参加もできますか?
参加人数が多い場合はお断りする場合がありますが、基本的には当日のご参加することも可能です。
028 感覚プロファイル検査イベントは随時行われておりますか?
事前に連絡を頂ければ月曜日から土曜日の午前10時から午後6時の間で検査することができます。
029 説明会ではどのようなことを知ることができますか?
説明会では、カレントが行う作業プログラムや講座の内容の説明や
実習先や就職先についての情報をお伝えいたします。
当事者の方だけでなく保護者の方にもご参加をお勧めしております。
030 説明会にもっていくものはありますか?
特にありません。
031 説明会は随時行われておりますか?
事前にご連絡頂ければ、説明会は月曜日から土曜日の午前10時から午後6時の間で行うことができます。
032 作業体験会ではどのようなことができますか?
カレントの体験会では様々な業務を体験することができます。
PCを使ったデータ入力、商品補充や陳列、品出し、検品、商品の袋詰め、棚卸し、ピッキング、梱包、商品整理、作品制作、軽作業、事務業務全般
参加希望の方は以下のいずれかの方法でお問い合わせください。
TEL:03-6273-0920
こちらのフォームからもお問い合わせできます。
033 作業体験会には費用は掛かりますか?
体験会では特に利用料はかかりません。ただし、昼食はご自身でご用意ください。
034 作業体験会で持っていくものはありますか?
持ってきていただくものはありません。
035 作業体験会は随時行われておりますか?
事前にご連絡頂ければ、月曜日から土曜日の午前10時から午後6時の間で随時行っております。
036 なぜ作業プログラムに水草がはいっているのですか?
水草の育成は植物を育てることで得られる情緒への影響と、毎日の管理と商品化そして販売までの工程を細かく分けることができること、そして各工程ごとに必要な技術が異なるため利用者ひとり一人が様々な職種を体験することができます。さらに、支援側のスタッフからみても各工程を作業として取り入れることでひとり一人の特性を知ることができることから日本で初めて作業プログラムに入れております。
037 どんなスタッフが何名いますか?
サービス管理責任者や職業指導員、生活支援員、就労支援員のスタッフがおおよそ6名程度います。
・福祉関係の資格や福祉サービスの経験が豊富
・企業での就労経験が豊か・営業の経験や、キャリアコンサルタントやカウンセラー等の経験がある
038 見学に行く前にどういうスタッフがいるのか知っておきたいです。
カレントのホームページでスタッフを紹介しております。
是非、こちらをご覧ください。
039 どんな人が利用していますか?
就労を希望しているが、単独で就労することが困難な18歳~65歳未満の発達障がいのある方です。
040 女性(男性)の利用者はいますか?
男女の性別は問いませんので、様々な事情を抱える方がご利用されます。
041 どんな障がいの人が利用できるのですか?
発達障がいの診断を受けている方、精神保健福祉手帳をお持ちの発達障がいのある方が利用可能です。医師の診断有無については診断が出ていなくても利用できる場合があります。カレントではお近くの障がい福祉課と連携して利用までの手続きをサポートさせて頂きますので、お電話かお問合せフォームよりお問い合わせください。
042 現在、病院へ通っていますが利用できますか?
主治医の診断により、通院しながら利用している方も大勢います。
医療機関と協力しながら、体調や通院事情等を考慮して、利用する日数や時間を調整しますので、利用できます。
043 まだ体調に不安があるのですが、利用は可能でしょうか?
はじめはその日の体調によって遅刻や早退になることもありますが、就労までの間にひとり一人にあった体調管理の方法を学んでいきます。またスタッフ同士で一人ひとりの健康状況を把握し情報共有を行うことで支援員全員で支援を行っています。
044 自分が自立できるのかとても不安です、利用できますか?
利用者の多くがはじめは自信がない方が多いですが、カレントでは最初のうちは無理をせず環境に慣れて通えるようになることが大事だと考えてます。通えるようになったら作業プログラムや講座を徐々に取り入れていくことで徐々に自信をつけていける支援を行っております。
045 他の事業所との併用はできますか?
デイケア・グループホーム・就労支援センターなどと併用はできますが、就労継続支援A型とB型との併用は基本的にはできません。
046 カレントはどこにありますか?
カレントは東京都新宿区新宿1-18-10カテリーナ柳通りビル6Fにあります。
最寄駅は、東京メトロ丸の内線「新宿御苑前」駅徒歩4分です。
047 東京都以外に住んでいても利用できますか?
基本的にどこにお住いであっても利用することはできます。
048 送迎はありますか?
送迎は行っておりません。その理由として、「自力で通所出来なければ就労後に毎日会社まで通うことは出来ない」というハローワークと同じ考え方に基づき、「自力での通所は、一般就労のための一環」と位置づけております。
049 交通費の補助はありますか?
現在交通費の補助は行っておりません。
050 昼食のサービスはありますか?
「カレント」では、昼食(軽食)無料サービスを行っております。「サンドイッチ+ドリンク」「ホットドッグ+ドリンク」など簡単なメニューではございますが、ご希望の方は遠慮なく申し出てください。
051 工賃はでるのですか?
一般的に就労移行支援事業では修了後の一般就労を目的とするため、工賃はでません。
今後、工賃が発生する可能性はあります。
052 どんなプログラムがありますか?
自己の特性を理解するための講座や対人行動講座、感情コントロール講座など
安心して就労するためのスキルを養うための40以上の講座を用意しております。
053 テキストを買う必要はありますか?
テキストや教材は無料ですので、購入いただく必要はありません
054 パソコンが苦手なのですが、利用できますか?
カレントのプログラムのほとんどはパソコンを使わないものですので、パソコンが得意な方も苦手な方も大歓迎です。もちろん、パソコンが得意な方向けのプログラムも用意しております。
055 受けたいプログラムだけ受けることができますか?
ひとり一人どのプログラムを受けるかその方の特性に合わせて変わります。
相談しながらうけるプログラムを決めていきます。
056 カレントの利用時間を教えてください。
カレントは午前9時30分から午後3時30分までが利用時間です。
057 土曜日と日曜日は利用できますか?
カレントは月曜日から金曜日まで利用できますが、土曜日と日曜日そして祝日は利用できません。
058 一日のスケジュールを教えてください。
ある一日のスケジュールを参考にしてください。
午前9時30分出社(カレントでは就労を見込んで出社・退社と言っております)
午前9時45分から全体朝礼
午前10時00分各自で作業プログラム実施(間に10分間の休憩をとる)
午前12時00分お昼休憩
午後1時00分健康管理チェック
午後1時15分講座
午後3時00分日報と終礼
午後3時30分退社
059 利用時の服装にきまりはありますか?
就職活動の期間のみリクルートスーツでの出社をお願いしております。
060 コミュニケーションのプログラムとはどんなことをするのですか?
カレントではコミュニケーションに関わるプログラムとして、自分の発達の特性や考え方を知り対処法を探る「自己理解講座」、ビジネスマナーの暗黙のルールを言語化して学ぶ「対人行動講座」そして、不安や怒りなどの感情に飲み込まれないよう自分をモニタリングする力を高めストレスをうまく操る方法を身に着ける「感情コントロール講座」を行っております。
061 作業トレーニングで体験できる職種にはどのようなものがありますか?
カレントの作業トレーニングでは、電話対応・書類発送・データ照合・データ入力・清掃・陳列・商品補充・品出し・検品・商品袋詰め・商品整理・棚卸し・荷受け作業・ピッキング・梱包・事務業務など幅広い職種を体験しながら自分の発達の特性に合う合わないを確認することができます。そのため、自分の特性に合った仕事を知ることができます。
062 今まで働いたことがありませんが、就労することはできますか?
ご安心してご利用ください。
カレントでは働くために必要な対人行動講座感情コントロール講座、どのような仕事に向いているか?どのような働き方があるのか?を作業を通じて見つけていくことができます。また、就職先の業種もたくさんあるため、ご自身にあったお仕事を探して就職後も定着できるように企業と双方をサポートします。
063 いくつかの職場で働きましたが、毎回長続きしません。カレントを利用することで次の就職では長期間働くことができるようになりますか?
カレントではまずはじめにご自身の発達の特徴や癖を知り、対処法を探る講座を集中して行います、何度も繰り返し転職をされる方の多くが自分の特性を理解していないことが原因だからです。カレントの自己理解講座でご自身の特性をしっかり把握して強みと苦手なことを整理してから、就労実習や就職活動を行いますので、長期間安定して就労できる心身を作ることができます。
064 人間関係を作るのが苦手ですが、就労したいです。働くことはできますか?
人間関係を作るのが苦手な方でも人との接し方をどのようにすればいいのかを学ぶ対人行動講座を受けることで、「報告・連絡・相談のマナー」や「人との距離感」など、職場でのビジネスマナーを細かく学ぶことができます。またひとり一人特性が違い苦手なことも違いますので、特性に合わせてプログラムを提供いたします。心配なさらずにご利用ください。
065 他人とのコミュニケーションが不安ですが、就労できますか?
カレントではひとり一人の特性の強みと苦手なところを探して、強みを活かし苦手な所をうまく回避できるようなお仕事そして働き方を一緒に見つけていきます。
コミュニケーションに不安があっても、長期間安定して働く方法を一緒に習得していいきましょう。
066 職場実習の期間は決まっておりますか?
職場実習は実習先によって1日から4週間までの長期まであります。実習のみの場合が多いですが、実習からそのまま採用につながることもあります。
067 就職活動ができるか自信がありません。就労できますか?
カレントではひとり一人の特性に合わせて就職活動のための履歴書の書き方の講座や面接時の流れを学ぶ講座、そして模擬面接を行っております。利用者ひとり一人が自信を持って就職活動に臨めるようスタッフ全員でサポートします。
068 就職活動中の悩みを聞いてくれる人はいますか?
就労支援スタッフがあなたに合った業務や就職先の選定を行い、就職活動中も定期的に個別面談をしてフォローします。もちろん就労支援スタッフ以外のスタッフもフォロー致します。
069 就職に向けての活動で具体的な特徴はありますか?
企業実習や面接でのマナーや履歴書の書き方を教える講座や面接への同行、ひとり一人の特性に合った企業選びを支援するだけでなく、カレントでは利用者ひとり一人の特性(強み・苦手なこと)を採用する企業側に明確に提示することができるよう、パーソナルシートを作成して面接に臨むようにしております。そうすることで、就職後のアンマッチを防止することができます。
070 就職先と合っているかどうかはどのように判断しますか?
・就労支援スタッフが、ご本人と一緒に働くことで得られる情報
・利用開始時と就職活動時にご本人からうかがう情報
・カレントでの作業や講座で見つけた特性についての情報
071 利用料以外にかかる費用はありますか?
交通費、昼食費、就職活動等があります。就職活動での必要なことは全額自己負担となりますが、別途補助をしているものもございます。詳細は、お問合せ下さい。
072 まだ体調が不安なのですが、一週間に何日利用しなければならないですか?
ご自身の体調や状況に合わせて利用する日を計画させて頂きます。就労に向けて徐々に利用日数を増やしていきながら、最終的には週5日間の利用を目指します。もちろん、はじめから週5日利用することもできます。
073 用事のある日に休暇や遅刻・早退などはできますか?
基本的には可能です。しかし、どうしても外せない用事のときは、事前にご連絡をしていただきます。また、体調の急変や突然の用事で欠席をされる場合は、カレントまで連絡してください。
074 休憩時間はありますか?
休憩時間は、お昼休憩が午後12時から午後1時までの1時間あります。その他作業や講座の間にも10分間の休憩があります。体調が悪い時など、状況に合わせて休憩をとることができます。
075 利用するにはどこで何の手続きをすればいいですか?
まず①お住まいの地域の市区町村役場の障がい福祉窓口へ利用希望を伝えて申請書に記入します。そして、相談支援事業所を利用されていない方は、お近くの②相談支援事業所へ連絡を取り、そちらで支援計画を作ってもらいます。できあがった支援計画を申請した市町村役場へ提出し、障害福祉サービス受給者証を発行してもらいます。受給者証が発行されると、正式に利用ができるようになります。
076 利用するための手続きができるか不安です。
もし手続きや申請などがよくわからなければ、カレントのスタッフが一緒に同行して手続きをお手伝いすることもできますのでご安心ください。不安な方は一度スタッフまでお声掛けください。
077 利用開始までの流れを教えてください。
実際に通い始める日には、見学会と体験会にお越し頂いたうえでプログラム内容を調整します。まず他の利用者さんやスタッフと関わっていく上での不安を解消した上でスムーズに利用を開始できるようにしております。
078 利用開始の手続きはどのくらいの期間がかかりますか?
それぞれの自治体や相談支援事業所の都合にもよりますが、手続きを開始してからおおよそ2週間〜1ヶ月前後で利用が開始できます。体験利用から利用開始までお待ちいただいている間に、カレントを引き続き体験利用することもできますのでご相談ください。
079 正式に利用できる日はいつからですか?
障害福祉サービス受給者証が発行されたその日から、正式に利用が可能となります。受給者証をお持ちになってカレントまでお越しください。
080 就職活動はいつから始められますか?
一人ひとり異なりますが、入所半年後~開始時期としている方が多いです。
就労活動をするまでの準備から始められるように、利用開始してからしばらくはご自身の特性を把握することと就労に必要なマナーや対人行動そして感情コントロールの方法を身に着けて欲しいと考えています。
081 就職後も相談に乗ってもらえますか?
就職してから6か月間は定期的に面談し皆さんが長く働けるように支援いたします。6か月を超えてからは相談に乗りますが、場合によっては他の支援機関へお繋ぎする場合もあります。
082 余暇活動はありますか?
カレントでは水草へ巻き付けるのに必要な流木や石を拾いに行ったり、栃木県や群馬県、千葉県の田舎に水草を取りに行く余暇活動を毎月1回行う予定です。
休みの日を上手に過ごすことができないには、余暇の過ごし方を学べる機会となります。
083 カレントから就労した方のお話が聞ける機会はありますか?
カレントは2016年10月1日開所予定のため、まだカレントから就労した先輩はおりません。今後、就職した先輩が出てきた際は土曜日や日曜日に先輩からお話しを聞ける会を作っていく予定です。
084 カレントの近くにはお弁当を売っているお店はありますか?
カレントの付近は会社が多いため午前11時から午後2時まで多くのお弁当屋が弁当を売りにやってきます。またお弁当1つ¥400からと値段も安くて便利です。
085 カレントの最寄り駅はどこですか?
カレントは東京都新宿区新宿1-18-10にあります。
最寄り駅は東京メトロ丸の内線「新宿御苑前」3番出口駅徒歩4分です。
086 カレントの最寄り駅からの道順を教えてください。
こちらにわかりやすい道案内のビデオがありますのでご覧ください。
087 なぜカレントという名前なのですか?
カレントとは英語で今、現在、今の状態、絶えず動いている状態、という意味です。
カレントでは利用者ひとり一人のまさに今の状態にあった支援したいという想いからこの名前をつけました。
088 カレントの最新情報はどこから知ることができますか?
カレントではフェイスブックページアメーバブログそしてインスタグラムを活用して最新の情報を発信しております。是非この機会にご登録ください。
089 カレントは障がい者が働くことについてどのような想いで支援しておりますか?
カレントでは障がい者だから働き方が違うという考えではなく、ひとり一人の特性に合った業務や働き方を見つけ、障がい特性を活かすことで社会に貢献できる人材を増やすことが一番重要だと考えております。働くことは楽なことではありません、それは障がいがあるとかないとかの問題ではありません。だからこそ、カレントでは長期間働くために安定した心身と忍耐力を養えることができるようなプログラムも行っております。
090 カレントでは発達障がいについてどう考えて支援していますか?
カレントでは発達障がいの診断名に捉われることなく、あくまでもひとり一人の特性を見る判断基準は生活上の状況とカレントで作業や講座に参加している中で判断をします。
なぜなら、発達障がいのある方の多くはいくつかの症状を併発していたり、また現れる症状も十人十色であること、症状の濃さや薄さも千差万別のため、診断名に拘らずに支援を行っております。
091 発達障がいとはどんな障がいですか?
発達障がいは先天性あるいは乳幼児期からの脳の機能障害です。
092 発達障がいの特徴はどんなものがありますか?
・本人の怠けや親のしつけや育て方、環境の問題ではありません。
・遺伝によるものが原因だといわれておりますが、原因はまだ解明されておりません。
・本人の発達障がい特性は子供の頃からあらわれます。
・特性を理解していくことで、本人に無理な負担をかけず、伸びやかな成長が期待されます。
・特性は矯正や訓練で、直すものではありません。
・生涯変わらない特性もあれば、環境整備や教育、本人の成長により、症状が軽減したり、変化する場合もあります。
・特性は人によって異なり、十人十色です。
・自閉スペクトラム症(ASD)と注意欠如・多動症(AD/HD)の併存確立は50%から60%と言われています。
093 発達障がいにはどのような症状がありますか?
・自閉スペクトラム症(ASD)*自閉症、アスペルガー、高機能自閉症等を含む
・注意欠如・多動症(AD/HD)
・限局性学習症(SLD)
094 自閉スペクトラム症(ASD)(※自閉症、アスペルガー、高機能自閉症等を含)の特性はどのようなものですか?
・コミュニケーションと対人関係の質的問題がある
・行動・興味・活動の偏り・やり方のこだわりがある
095 自閉スペクトラム症(ASD)(※自閉症、アスペルガー、高機能自閉症等を含)の支援方法はどのようなものがありますか?
・本人の意向を尊重し、自尊心を大切にする。
・環境や業務の変更、本人の苦手さに対する周囲の理解を求め、ストレスを減らす
・本人の困り感を理解し、どうすればいいか一緒に考える
・あいまいな状況や言葉の理解に苦手さがあるため、わかりやすく翻訳していく
・急な変化が苦手なため、予定の変更は事前に伝える。
・見通しがたつと安心して生活や活動ができるため、予告やスケジュールを活用する
・言葉のすれ違いをさけるため、口頭の指示だけより、視覚的に理解しやすいマニュア
ル、図、絵、写真等を使う
・感覚の過敏がある場合は、回避する方法を検討し、環境整備を行う
096 注意欠如・多動症(AD/HD)の特性はどのようなものですか?
・不注意
・多動症および衝動性
097 注意欠如・多動症(AD/HD)の支援方法はどのようなものがありますか?
・スモールステップで成功体験を積み、自己肯定感を高めていく。
・フットワークの良さや好奇心の強さを認め、活かす。
・言葉の抜け落ちやすさがあるため、メモを渡したり、本人に確認を行う
・重要なことは、目の前に付箋やチェックリストをはっておく
・携帯、財布、鍵など物の置き場所を決めておく。
・片づけが苦手な場合は、色別のファイルを使ったり、自分のボックスをつくる
・スケジュール表やタイムタイマー、アラームを活用して、時間管理を行う
098 限局性学習症(SLD)の特性はどのようなものですか?
・読み方が間違っていたり、速度が遅い
・読んでいるものを理解することが苦手
・書くのが苦手
・数字の概念を理解したり、計算することが苦手
・数学的推論が困難
099 限局性学習症(SLD)の支援方法はどのようなものがありますか?
・どこを見ればいいかわかるように、前後の文字や行を隠す
・見本に沿って書く方法や空書など、書字障害に対応する支援を行う
・具体物や日常生活の中で数の概念を身につけていく
100 発達障がいの特性として優位性があるものはどういう特性ですか?
曖昧な捉え方をせずに事実を見る力が高い
細部を見る・緻密な作業力が高い
数値や文字や視覚情報処理の優位性がある
ルール・規則遵守・反復する作業に強い
想像力・発想力が高い

お問い合わせ

お気軽にご相談ください。
無料でパンフレットをお送りします。
無料個別相談、見学の申し込みはこちらから。
03-6273-0920
受付時間:平日10:00~18:00
>見学のお申込み>資 料 請 求